モズクガニは意外とメジャーなかにです。

モズクガニは意外とメジャーなかにです。

モズクガニは意外とメジャーなかにです。意外にも、高級食材の上海ガニとは種は異なりますが、同じ族のかにです。上海ガニと異なり、背中に細かいまだら模様があり、成長しても甲幅8cmほどで、丸のまま利用できるかにです。重量は全体で170〜180グラムが一般的という種類です。雄より雌の方が大きいのも特質です。日本全国でよく見られるかにで、どこでも食用として多彩な料理にされています。セコガニとはズワイガニ(メスはオスの半分ほどの大きさで、オスとメスで別の名前がつけられていることも少なくありません)の雌のことです。ある場所では、セイコガニ、香箱ガニといった呼び方もされています。オスの場合は、カニ味噌部分も好まれますが、大方は脚の身をゆでガニ、焼きガニ、鍋などにして頂くことが世間一般では多いです。逆に、小ぶりなセコガニは脚の身も少ないですが、バランスのとれた味噌と内子と外子が魅力的で、一般的には、これらの部位をボイルしたものを珍味として楽しむことが多いです。毛蟹を選ぶとき、いくつか注意点があります。毛蟹と言ったら冬が旬。ですから、寒い時期に最も身の詰まった、大きな毛蟹を生で買うのに最適です。見て選ぶとき大切なのは見た目も沿うですし、触ってみた感じや手にし立ときの重みも大事です。なるべく触ってみて、感触のよい、ずっしりと重いものにしてちょうだい。手応えのあるかには身がしっかり詰まっています。実店舗でも通販でも、評価の高いおみせを探すことで大はずれのない買い物ができるでしょう。蟹が大好きなのですが、店頭で買うのは大変なので蟹通販をよく利用しています。ですが、通販ならではの注意点もあるので説明します。通販では色々と確認が大事ですが、中でも蟹の量が何キロになるのか、何杯分になるのかは確かめておくべきです。量のごまかしもまた、「カニカニ詐欺」のひとつの手口なのです。それ以上に大事なのが、冷凍された蟹の解凍です。解凍にはコツがあります。何より、時間をかけて自然に解けるのを待つことが大切です。初心者は往々にして、急いで解凍して蟹のうまみを台無しにしてしまうものです。一般的に、かにの身といえば脚肉でしょうが、本当のかに好きは、味噌を味わっています。味噌がオイシイかにとして知られているのは、毛蟹を推す方が多いです。こってりした濃い味の味噌こそこれが最高、と言う方が多いのもうなずけます。そんなにひんぱんに毛蟹を食べられないという方には、ぜひ、ワタリガニの味噌を味わってちょうだい。脚はだいぶ細くなりますが、味噌の味なら負けません。味噌は納得のおいしさです。かにを食べたい、でも高くて何度も食べられないと一度は考えた方が多いのはもっともです。一つの案をお教えします。市場でまとまった量を買えば安いことは確かです。おみせ経由で買うよりは安く新鮮なものが手に入ります。通販も検討してちょうだい。産地(どこでとれたのかによって、意外と味が違ったりするものです)直送で流通コストを省いて安くなっています。現在、多くの業者が「ワケアリ」の蟹を取り扱っています。本記事でもそれがお得だと敢えて主張するのには本当にお得な理由があるからです。以下ご説明します。それはひとえに実店舗とインターネット通販の違いです。普通のおみせでは、品質や状態が保証されている分、値段もそこそこ(というか普通に)するので、特にお得だと感じることはありませんよね。一方、蟹通販の場合、商品の見栄えを気にしなければ、キズモノの蟹を「ワケアリ品」として安価で購入できるケースが多いので、確かに蟹の味自体には影響しませんから、考えようによっては大変お得です。蟹通販は便利だとよく言われますが、その利点の最たるものといえば、なんといっても、北海道などの名産地(どこでとれたのかによって、意外と味が違ったりするものです)から直送の蟹をいつでも購入できるということです。一般店舗の場合、流通ルートを経て店頭に並ぶので、中々「産地(どこでとれたのかによって、意外と味が違ったりするものです)直送」とはいかず、常に新鮮という訳ではありません。つまり、本当に新鮮な蟹をもとめる方なら、通販を利用して、漁場から直接蟹を取り寄せるのが最適の手段なのです。蟹通販を利用する際には口コミを参考にしたいですが、蟹通販に関する口コミは溢れ返っており、困惑します。有名なのは楽天やアマゾンなどですが、それらのECサイトで見られる多くのレビューはもちろんのこと、私の知る限りでも、蟹通販についてまとめたサイトは数十を下りません。これら全てに目をとおすことなど出来る筈ありませんね。沿うなると、役に立つ情報はどうやって選べばいいのでしょうか。口コミというのは、主観に基づく内容ばかりで、客観的な情報は少ないです。それより、客観的に表れる実績によって業者の良しあしを判断すれば個人の主観に左右されない判断ができるでしょう。その昔、ごく一部の裕福な人々のものだったかにも、今やちょっと奮発すれば手の届く時代です。お手軽な通販でかにを注文することが出来るのは、うれしい限りですが、さすがに警察がからんでくるほどではありませんが、ちょっとした不満を寄せることも珍しくありませんでした。ほとんどの不満は品質に関するものですが、中には業者の姿勢を疑いたくなることもあります。不味い、身が痩せているなどの不良品のかにを送られるリスクを避けて、安心してかにを楽しむには、かにに限らず何事にも言えることですが、そのおみせに関する口コミなどを見た上でいいと思ったおみせを幾つか選びます。お財布が許せば、2つの会社から購入して食べくらべるのもいいでしょう。ツイッターやアメーバのようなソーシャルインターネットワークを駆使して探してみることで、参考になる意見があるという保証はありませんが、思いがけない発見がある場合もあるでしょう。


TOP PAGE