ズワイガニのうち特にメスのことをセコガニ

ズワイガニのうち特にメスのことをセコガニ

ズワイガニのうち、特にメスのことをセコガニと呼びます。ある場所では、セイコガニ、香箱ガニといった呼び方もされています。ズワイガニの雄では、カニ味噌も美味しくいただけますが、大方は脚の身をゆでガニ、焼きガニ、鍋などにして頂くことが世間一般では多いです。それにくらべて、より小さいためセコガニは脚の身が少ないとはいえ味噌、内子、外子の間が絶妙なバランスで、多くは、これらの部位を茹でた珍味としての食べ方がポピュラーです。自分の周りでも、かに通販で買って食べるのが普通ということが続いています。それも当然でしょう。今はネット通販やテレビショッピングが充実していて、自分が選んだ産地から、好きな種類のかにを宅配便で手に入れられるようになっ立ためです。通販で冷凍のかに、は以前の話です。最近は生のかにもおいしく買えるようになったので家族からかにのリクエストがあっ立ときはわざわざおみせに行くこともなくなりかに通販で買うことがほとんどになりました。意外と知られていないことですが、蟹は年中いつでも獲っていいものではなく、省令によって解禁日が決められています。皆が好き勝手に獲っていると水産資源が枯渇してしまうので、蟹の解禁日がおおむね秋頃に設定されており、その日になるまでは蟹漁をしないことが定められています。毎年、解禁されたばかりの蟹にありつくためには、解禁日がいつ頃になるのか、ちゃんと調べておくことが重要になってきます。毛蟹と言えばその濃厚な蟹味噌で人気のある蟹の一つですが、他の蟹より小さい体をしているため、目利きが難しく、誤ると不味いものを選んで身のないスカスカしたものを食べる羽目になってしまいます。そうすると、不味い毛蟹を選ばないようにするために注意することはなんでしょうか。購入場所が店頭である場合は重さをポイントにしてより詰まっているものをチョイスすればよいですが、通信販売で買う場合は、しっかりした品質基準で、実績をもつ販売者から購入すること、それが大切なこととして挙げられます。蟹の食べ放題コースは多くありますが、多くの方は、そんなところの蟹は美味しくないという固定観念を抱いているのではないでしょうか。確かにそういうところもありますが、全てがそうではありません。食べ放題でも、本当に美味しい蟹をお得に味わえることもあるのです。食べ放題といっても、名産地の旅館や蟹専門店のコースなら、産地直送の新鮮な蟹をふんだんに振る舞ってくれます。ですが、正真正銘の極上ランクの蟹を食べたい方なら食べ放題で冒険するより、信頼性抜群のブランド蟹を購入するに越したことはないです。実際に蟹通販を利用する場合、ポーションタイプ、冷凍、活蟹など、多様な種類の中からどれを選ぶか悩んでしまう人もいるでしょう。どちらがいいかは、考えている食べ方によって変わります。家族で蟹鍋を囲みたいといった場合、ポーションタイプの商品を買えば、調理が簡単で御勧めです。ご家庭で蟹しゃぶをするなら、鍋とは違って、活蟹が一番いいでしょうし、鮮度が気になるなら生冷凍がいいでしょう。こうして、商品ごとの特長や、向いている食べ方を知っておけば、商品数が多く安価だという蟹通販の利点を100%活かせます。花咲がには高価なオイシイかにですね。北海道の東端、花咲あたりで獲れるかにの一種で、分類するとヤドカリが正しいのです。実際は、見た目ではかにと区別がつかず、味もかにに近いのでかにと全く同じ立場で全国に出回っています。濃厚な身の味わいと食感の良さ、水揚げが少ないのでめったにお目にかからず、幻のかにの名に似つかわしい、かにの一種です。蟹通販は便利ですが、欠点はないのでしょうか。通販のデメリットは、店頭とちがい、じかに商品を見てくらべることが出来ないことです。実際に店に行く場合は、じかに蟹の品質を確かめることができますし、試食して選ぶこともできます。茹でるときの塩加減なども個人の好みがあるので、好みに合う味付けの店を捜すことも出来ます。しかし、通販ではそれはできません。手軽でお得な蟹通販のメリットは誰もが認めるところですが、一方、実店舗では当たり前にできることが出来なかったりもするのです。かにがたくさん獲れる地域を捜すと、北陸地方が目たちます。かにだけでなく、温泉にも入りたければ、石川県にある粟津温泉は御勧めでかに料理と、温泉を追求して旅行客は全国からくまなくこの地を訪ねてきます。このあたりのかには加能がにと言われ、ズワイガニのブランドとなっています。かにを求めてこの地を訪れる方は、満足できる旅になるでしょう。ゆでがには一番メジャーな調理法ですが、おいしく茹でるために、白湯より、少し塩を入れて茹でた方がいいですよ。海水より濃くないくらいで、1%を超えない濃度という感じを保って頂戴。かには丸ごと茹でる必要はなく、もう、甲羅と脚は切り離してしまいましょう。鍋に全て収めて頂戴。食べるときに汚れが気にならないよう、茹でる前に洗っておくと衛生的ですね。


TOP PAGE