数ある中華料理の中で特に高級な料理と

数ある中華料理の中で特に高級な料理と

数ある中華料理の中で特に高級な料理として広く知られている上海蟹ですが、元来、上海蟹という名称で呼ばれるのは、中国で獲れる淡水蟹の中でも、揚子江の下流付近に生息している蟹を上海蟹と名付けています。四季に関係なく流通しているので、どの時期に行っ立としても食すことはできるはずですが、メスはおなかに数多くの卵を内包した状態にある10月ごろと、11月辺り、上海蟹の雄の白子の食感は最高で、ねっとりしており、貴重な逸品として名高い、大変美味しい品です。皆さん、日帰りのかに食べ放題ツアーは参加したことはありますか。今までこのようなツアーに参加する機会がなかったならぜひ一度、かにの産地を訪ねるかに食べ放題ツアーへの参加を一押ししたいと思います。実は、こうしたツアーでは、産地お奨めのおいしいかにを通販や店舗で買うより上等の食べ放題で味わえるからです。蟹通販の業者持たくさんあって、どこを選べばいいのか。そんな方は、なんといっても楽天市場の利用がお勧めです。楽天市場を利用して購入すれば、ほとんどの方は通販ならではの不信感を感じる事はほとんどないと言っても過言ではありません。楽天市場を通じて蟹通販を利用すれば、それだけ利用者にとって安心安全なのです。楽天の利点はトラブルが少ないことです。楽天なら、他の通販ではありがちな商品不着などの可能性も実質ゼロといえるので安心してください。蟹通販の利用時、多くの方が気にされるのは果たして蟹の新鮮さは大丈夫なのかという部分でしょう。「通販」を誤解している人の場合、なんだか鮮度が悪いように思うのでしょうか。ところが、それは思い込みで、実際には通販の蟹の鮮度が悪いと言う事はありません。「産地直送」を謳う蟹通販は、水揚げ(切花が長持ちするように、水切りなどを行うことも水揚げといいますね)された漁場から直接発送しているので、スーパーなどに陳列されるまでの時間、それが売れるまでの時間を考えたら、より鮮度が高いといえるのです。蟹通販は便利なものですよね。ですが、せっかく取り寄せた蟹を美味しく頂くには、調理の手順などにも気を遣う必要があります。皆さんも経験があるでしょうが、蟹は基本的にゆでて食します。そのため、蟹を上手に茹でるための方法を押さえておくのが重要だといえます。蟹を茹でる際に、まず押さえるべきポイントは、第一に、結構大きめの鍋を使うと言うことです。蟹全体がしっかりお湯をかぶるようにして茹でれば、ご家庭でも失敗はないでしょう。新鮮な蟹が食べたければ北海道や山陰に行かなければならないというイメージがあります。しかし、蟹通販の助けを借りれば、各地の蟹をお取り寄せできるのです。蟹通販ではどんな種類の蟹でもほぼお取り寄せできるはずですが、多くの方が美味しいと口を揃えるのがズワイ蟹です。ズワイ蟹は、蟹本来の美味しさを最も凝縮した品種といえます。その身は甘みが強く、絶品です。どこでいつ水揚げ(切花が長持ちするように、水切りなどを行うことも水揚げといいますね)されたかによって味のグレードが左右されるので、山陰で獲れる松葉ガニ、越前で獲れる越前ガニなどブランド蟹を選ぶのがよいでしょう。セコガニも幻のかにです。その実態は松葉ガニのメスです。一般的な松葉ガニと比較して小ぶりのかにですが、貴重な卵が味わえおいしさもひとしおなので、松葉ガニよりも、通好みでファンが一部で知られています。とても出回る期間が短く、一年の内で11月から1月の間でしか漁の期間は決まっているのでその貴重さは際立っています。時々きく失敗談ですが、通販でかにを買って、かには重さの割にかさばるということがあります。通販がなかった時代のように、実際の店舗でしか買えなければ箱の大きさや、その中にどのくらい入っているかも把握できるので、食べきれる量しか買わないのが普通です。一方、通販では、店舗より安い値段で大きなかにが買えるので、宣伝にのせられて買ってしまい、冷蔵庫や冷凍庫に入りきれなかっ立という話は通販の中でも、かにではありがちです。食べきれる量の検討と保管場所の確保を、忘れないようにして下さい。毛蟹は濃厚な蟹味噌(色はいかにも味噌という感じですが、実際には脳みそではなく、消化器官です)をもち、とても人気のある蟹の一つですが、他の蟹とくらべた場合、サイズ的には小ぶりであるため、どうやって選ぶかが重要で、一歩間ちがうと身が詰まっていないものを選んでしまうことがあり美味しくないです。ならば、美味い毛蟹の見分け方はどういう方法なのでしょう。店先で購入する場合は、その場で手に取れるので、重みを確認して身のつまってい沿うなものを選択すればいいですが手で触れることのできない通販で選ぶときには、しっかりした品質基準で、実績を持つ販売者から購入すること、それが上手な方法です。グルメの王道である蟹。蟹を最も美味しく味わえるのは、素材の旨みが味わえる「塩ゆで」、そして冬に嬉しい「蟹鍋」の二つです。大の蟹好きである私もはっきり沿う思います。蟹刺しなど、生で味わうのも本当に新鮮な蟹ならいいのですが、生のままという特質上、鮮度が落ちると味も良くありません。蟹の食べ方として塩茹でや鍋が良いと言われる所以がそれです。それならそこまで新鮮ではない蟹でも美味しく頂くことができるはずです。風味に繊細さが感じられなかったり、何と無く物足りないときは、土佐酢や柚子胡椒など、付けダレを変えればいろんな味わいを楽しめるので飽きがありません。


TOP PAGE